img_02

近年では海外で自毛植毛を行う人も増えてきています。

自毛植毛とは、自分の髪の毛を植え付けて薄毛部分をカバーするという方法です。
大きなメリットは、手術後のメンテナンスが必要ないという部分にあります。

自毛植毛は人工毛植毛とは違って、抜け落ちたり頭皮の炎症や化膿などのリスクもなく、安全な薄毛治療法として世界中で行われているのです。


もちろん国内でも自毛植毛を行えるクリニックは数多く存在しています。

エキサイトニュースの情報が揃っています。

高い技術力に加え、日本人ならではの細かい気配りやアフターケアなどを受けることができます。

しかし、クリニックの手法や医師の熟練度によって、植え付けた髪の毛の定着率や密度などの仕上がりは微妙に異なってきます。

日本は比較的医療技術が進んでいる国ですが、クリニックによって技術にばらつきがあるのも現状です。



また、国内での手術費用は決して安くはないため、低価格で自毛植毛が行える韓国やタイなどの海外のクリニックに足を運ぶ人もいます。

自毛植毛の知識が身につきます。

韓国やタイといった国々は、日本と遜色ない技術力を持っており、物価の安さから治療や手術にかかる費用はもちろん、滞在費がかさむ心配も少ないのです。しかし、海外で手術を行う場合には、「言葉が通じない」「アフターケアが受けられない」といったデメリットがあることも事実です。

低価格であるという部分だけに惹かれて、安易に海外のクリニックを選択することは危険です。
海外で自毛植毛を行う場合のリスクをしっかりと理解しておくことが、トラブルを防ぐことに繋がるのです。